アセットアロケーション

若年世代のアセットアロケーション

アセットアロケーションTOP>>若年世代のアセットアロケーション

今やデイトレードなど、20代、30代にも資産運用をする人が増えてきました。
インターネットリサーチ会社のマクロミルの調査によると、
何らかの資産運用を行っている人は、
その若年世代では、男性が44%女性が21%にも上ったそうです。

このように、既に若年世代から、人生設計をどのように立てるのか、
真剣に考えている人が増えてきた表れだと思います。

ただし、本当に大事なのは、何処にどの程度配分するかのアセットアロケーションです。
投資先を上手く決定しない事には、リスクばかりが先行してしまう事に繋がるからです。
こちらについても、調査結果が出たので、下記に記します。

若年層の資産運用の人気

資産運用の方法として、どういった運用方法をしているのか。
こちらを下記にまとめます。

質問内容は、現在行っている資産運用の方法は?(複数回答可)です。

  • 日本株76.1%
  • 預貯金56.7%
  • 投資信託32.8%
  • 外貨預金18.7%
  • 為替取引10.4%
  • 国債10.4%
  • 外国株9.7%
  • 土地、不動産投資9.0%
  • 自社株9.0%
  • 商品先物取引0.7%
  • その他1.5%

上記データ引用元:IZA12/24版

これを見ると若年層においては、特に日本株が投資先として人気があるようです。
預貯金も多いですが、貯金よりは投資という考え方なのかも知れません。
その他、投資信託や外貨預金も人気がありますが、
日本株に比べると大きくその値は下がる傾向にあります。

やはり、デイトレードが流行の結果、日本株などに人気があるようです。
昔は、資産運用は、もう少し歳を取ってから・・
と言う考え方でしたが、そういった考え方はもう古いと言えるのかも知れませんね。

しかし、上記を見ると、日本株に偏りがあるのは、
アセットアロケーションで、分配投資するというような考え方は、まだあまり無いと言えるのかも知れません。


貴方のアセットアロケーション事例を募集しています。

▼アセットアロケーション事例受付▼

前回の記事:日銀総裁の会見

PR:資産運用の無料レポート進呈中!

リスクゼロの投資法があったとしたら・・・貴方はどうしますか?

ラベル: