アセットアロケーション

アセットアロケーションで行う国際分散投資

アセットアロケーションTOP>>アセットアロケーションで行う国際分散投資

前回の記事アセットアロケーションの意味において、

アセットアロケーションとは、資産運用の仕方であるという事を書きました。

今回はアセットアロケーション国際分散投資について説明します。


アセットアロケーションで行う国際分散投資!!

アセットアロケーションを考える上で、考えたいのが、国際分散投資です。

今の時代、色々なリスクがあります。

為替変動リスク、金利変動リスク、社会リスク、国際リスク・・・

色々なものにリスクがあり、アセットアロケーションを考える上で、

国際分散投資も積極活用していきたいものです。


アセットアロケーション国際分散投資を考える

代表的な事例としては・・・

1.海外ファンドを利用する。

2.海外の土地財産・株券・永住権利などの購入

3.海外預金口座を持つ

4.外国債権の購入

これらは、日本でも出来ますが、できるだけ現地に行って行って貰いたいところです。

アセットアロケーション国際分散投資は、一箇所から行うのは危険だからです。

もし、日本が国家破綻してしまったら・・・

当然、銀行の預貯金・証券会社の金融財産も危ないです。

預金封鎖も考えられるからです。

したがって、アセットアロケーション国際分散投資は、

できるだけそれぞれの現地で行うのがよいでしょう。

また、国際分散投資と言っても、どこか1つの国に偏るのではなく、

色々な国で資産運用する事で、ポートフォリオにもなります。

ポートフォリオも広い意味では、アセットアロケーションと同じです。

アセットアロケーション国際分散投資の構築方法を学んで適切なライフプランを計画して下さいね。