アセットアロケーション

スポンサードリンク

アセットアロケーションで行う国際分散投資

アセットアロケーションTOP>>アセットアロケーションで行う国際分散投資

前回の記事アセットアロケーションの意味において、

アセットアロケーションとは、資産運用の仕方であるという事を書きました。

今回はアセットアロケーション国際分散投資について説明します。


アセットアロケーションで行う国際分散投資!!

アセットアロケーションを考える上で、考えたいのが、国際分散投資です。

今の時代、色々なリスクがあります。

為替変動リスク、金利変動リスク、社会リスク、国際リスク・・・

色々なものにリスクがあり、アセットアロケーションを考える上で、

国際分散投資も積極活用していきたいものです。


アセットアロケーション国際分散投資を考える

代表的な事例としては・・・

1.海外ファンドを利用する。

2.海外の土地財産・株券・永住権利などの購入

3.海外預金口座を持つ

4.外国債権の購入

これらは、日本でも出来ますが、できるだけ現地に行って行って貰いたいところです。

アセットアロケーション国際分散投資は、一箇所から行うのは危険だからです。

もし、日本が国家破綻してしまったら・・・

当然、銀行の預貯金・証券会社の金融財産も危ないです。

預金封鎖も考えられるからです。

したがって、アセットアロケーション国際分散投資は、

できるだけそれぞれの現地で行うのがよいでしょう。

また、国際分散投資と言っても、どこか1つの国に偏るのではなく、

色々な国で資産運用する事で、ポートフォリオにもなります。

ポートフォリオも広い意味では、アセットアロケーションと同じです。

アセットアロケーション国際分散投資の構築方法を学んで適切なライフプランを計画して下さいね。

スポンサードリンク

アセットアロケーションの意味

アセットアロケーションってご存知ですか?

アセットアロケーションとは、資産配分の賢い配分方を示す時に良く使わる株式用語です。


アセットアロケーションとは、言い換えると・・・
リスクを回避しながら、安定した資金のリターンの確保を目的に、
各種資産の投資割合の「資産配分」とも言えます。


■日本にも古くからあった!!アセットアロケーション!!

実は、日本にも古来より、アセットアロケーションがあります。

それが・・・

「財産三分法」です。

財産を三分割し、リスク分散を図る考えが、財産三分法です。
アセットアロケーションの例
その三分とは、「株式、債権」・「不動産」・「現金資産(年金含む)」を示し、

ポートフォリオ的な考え方に基づき、リスク分散をさせている訳です。

これも、先人達が編み出した、一種のアセットアロケーションなのです。


アセットアロケーションを行う上での注意点

アセットアロケーション(資産配分)に当たっては、

投資先の市場の状況、各資産の期待リターンとリスク、資産間の相関関係の予測・分析などの

投資対象に関する戦略的な情報・・・

そして、投資家の資産、負債、及びリスクに関する考え方等の

投資家に関する情報の二つが重要です。


サラリーマンにとっては、自らの、そしてご家族を守るためにも、

適切なタクティクスアセットアロケーションが必要です。

アセットアロケーションの管理方法や計算方法を学び、

豊かな将来を築きたいものですね。